ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:
バチカン放送局

ホームページ / 教皇フランシスコ / 宗教行事

神のいつくしみの証し人、マザー・テレサ、聖人に、バチカンで列聖式


最も貧しい人々に尽くした「いつくしみの人」、コルカタのマザー・テレサの列聖式が、9月4日、教皇フランシスコによってとり行われた。

この日、バチカンの聖ペトロ広場には、マザー・テレサが創立した神の愛の宣教者会の関係者をはじめ、世界各国からおよそ12万人の巡礼者がつめかけ、いつくしみの聖年にふさわしい、マザーの列聖を共に喜び祝った。

ミサの前半に行われた列聖式では教皇庁列聖省長官アンジェロ・アマート枢機卿が、ポストゥラトーレ(列聖審査の申請代理人)と共に前に進み出て、教皇にマザー・テレサの列聖を願い、その人となりを紹介した。

厳かな「諸聖人の連祷」に続き、教皇はコルカタの福者テレサを聖人として宣言する式文を読みあげられた。

ミサの説教で教皇は、神の御旨、神の招きとは何かと問いながら、「わたしが喜ぶのは、愛であっていけにえではない」というホセア書の言葉を示された。

教皇は、神はあらゆるいつくしみの業を喜ばれると説き、わたしたちが兄弟たちを助けることは、キリストご自身に触れることと強調。

また、神のわたしたちへの召命は、わたしたちが自分の人生をもって奉仕し、毎日愛のうちに成長するという、「愛の召命」であると話された。

マザー・テレサの列聖に合わせ、バチカンでは「ボランティア、いつくしみの奉仕者の聖年」が記念され、貧しい人、病者、難民、被災者など、困難な立場に置かれた人々に様々な形で奉仕する多くの人々もこの日のミサに参加した。

教皇は、あらゆる人間の命を受け入れ、擁護することを通して、すべての人に神のいつくしみを示したマザー・テレサの生涯を振り返り、言語や、文化、民族、宗教の違いを超えた無償の愛と、その微笑に倣うよう、ボランティアの人々をはじめ、信者たちを励まされた。

ミサの後半行われた正午のアンジェラスの祈り(お告げの祈り)では、教皇は参加者らに感謝を表し、皆をマザー・テレサの保護に委ねられた。

そして、助けを必要とする兄弟たちの中に十字架のイエスを認め、これらの人々に奉仕することによって、イエスを観想し、礼拝するすべを、マザー・テレサが毎日教えてくれるようにと祈られた。

また、教皇はこの席で、危険で困難な状況にも関わらず、世界の各地で苦しむ兄弟たちに奉仕する多くの人々に思いをはせられた。

特に前々日ハイチで殺害されたスペイン人宣教女を追悼された教皇は、同国の人々が平和な生活を享受できるよう、また同様に他の国々で暴力の犠牲になっている多くの修道女たちのために、すべての聖人の母である聖母マリアに祈りを捧げられた。

マザー・テレザの列聖を祝ったこの日、バチカンのパウロ6世ホールで、貧しい人たちのための昼食会が催された。

この昼食会では、神の愛の宣教者会の会員や、食事を準備するボランティアの人々の奉仕によって、およそ1200人の招待者が食事を楽しんだ。