ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:
バチカン放送局

ホームページ / 教皇フランシスコ / イベント・ニュース

聖ヨハネ・ボスコ生誕200年:教皇、サレジオ会総長に書簡


教皇フランシスコは、聖ヨハネ・ボスコ生誕200年に際し、サレジオ会総長に宛て書簡をおくられた。

聖ヨハネ・ボスコ(ドン・ボスコ、1815-1888)は、19世紀の聖人・司祭。イタリア統一運動と産業革命によって社会や、都市、労働、宗教をめぐる環境が大きく変化していった時代、勤労少年や受刑者など、社会の片隅で生きる貧しい若者たちとの出会いによって、青少年教育に尽くすことを決意、「オラトリオ」を通した教育事業を開始した。1859年にサレジオ修道会、1872年に聖マリア・マザレッロと共同で扶助者聖母会を創立した。

ドン・ボスコの生誕200年を機会に、教皇フランシスコは今年6月、北イタリア・トリノを訪問。同聖人の墓前で祈ると共に、サレジオ会関係者との出会いを持たれている。

サレジオ会総長アンヘル・フェルナンデス・アルティメ神父に宛てた書簡で、教皇は、若者たちのための聖人を与えてくださった神に感謝を捧げると共に、ドン・ボスコの霊的・司牧的遺産の本質を思い起こし、それを勇気をもって生きるようにと会員らを励まされた。

イタリア、ヨーロッパ、世界はこの2世紀の間に大きな変化を遂げたが、若者たちの魂は今も変わっていないと教皇は指摘。

今日も、青少年の心は人生と神との出会いに開かれていると述べる一方で、失望や、精神的無気力、疎外に陥っている多くの若者たちの存在を示された。

ドン・ボスコが第一に教えることは、ただ見ていないで、第一線に立ち、しっかりとした宗教性に基礎を置いた、神から創られ愛された人間としての、精神面・愛情面を備えた統合的教育を若者たちに提供することと強調。

命や、心の広がり、喜び、自由、未来を必要とする若者たちの渇望、正義と兄弟愛のある世界の構築、すべての人のための発展、自然環境の保護に協力したいとの青少年らの思いを、決して失望させることがないようにと、教皇はドン・ボスコの助けを会員の上に祈られた。