ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

バチカン \ 教皇庁のニュース

「聖なる命を守ろう」教皇、生命アカデミー関係者に

教皇フランシスコ、バチカンの生命アカデミー関係者と

25/06/2018 17:59

教皇フランシスコは、バチカンの生命アカデミーの関係者とお会いになった。

教皇庁立生命アカデミー(議長:ヴィンチェンツォ・パイヤ大司教)は、このたびバチカンで、「生まれた時は平等?グローバルな責任」をテーマに、第24回定例総会を開催した。

教皇は総会参加者への言葉で、人生の素晴らしい仕事は、新しい人間を生み出すこと、精神性と創造性をもって教育すること、家庭や共同体において最初に愛を学ぶこと、弱さや傷を世話すること、そしてイエス・キリストにおいて神の子として新たに命を受けること、と話された。

教皇は、命をあきらめることは、貧しい人を飢餓に、迫害される人を戦争に、高齢者を疎外に追いやることであり、死に手を貸すという罪であると指摘。

悪は、死はすべての終わりであり、人はこの世に偶然生まれ、無に終わるよう運命づけられていると、わたしたちを説得しようとすると話された。

まだ生まれる前の無実の命を、毅然とした態度で、情熱的に守らなければならないと述べた教皇は、そこには聖なる人間の命がかかっていると呼びかけられた。

同時に、教皇は、貧しく生まれた命もまた聖なるものと強調。

貧しい人々を、貧困や、疎外、人身取引、病者や高齢者の隠された安楽死、新しい形の隷属、あらゆる形の切り捨てから、守る必要を説かれた。

25/06/2018 17:59