ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教会 \ カトリック教会のニュース

アマゾン周辺地域のための特別シノドス:準備資料を発表

アマゾン周辺地域のための特別シノドス:準備資料を発表 - REUTERS

08/06/2018 16:07

アマゾン周辺地域のための特別シノドスの準備資料が発表された。

教皇フランシスコは、昨年10月、アマゾン周辺地域のための特別シノドス(世界代表司教会議)の開催を発表。

「アマゾン、教会と統合的エコロジーのための新たな歩み」をテーマにした同シノドスは、2019年10月、バチカンにて開かれる。

シノドス事務局(事務局長:ロレンツォ・バルディッセーリ枢機卿)は、6月8日、この会議の準備資料を公布、その内容を紹介した。

バルディッセーリ枢機卿は、資料発表の席で、このシノドスはアマゾン周辺地域をテーマにしたものであっても、その考察は地域を超え、全教会ならび地球の未来と関わりを持つものであると指摘。

実際、これらの考察は、コンゴ河流域、中央アメリカの生物多様性回廊、アジア太平洋地域の熱帯雨林、グアラニー帯水層など、他の現実と関連づけることができ、この教会的・社会的・エコロジー的な大きな会議は、それぞれの領域を超えた視点を与え、従来の司牧方針を現代に則して見直しさせるものと話した。

シノドスでは、現在多くの危険にさらされている、アマゾン河流域の先住民への関心を優先課題とし、次に「共通の家」としての環境、エコロジー問題に触れる。これらの考察はすべて、教会の教えと、その地方の教会生活に照らして行われる。

このたび発表された資料は、シノドス開催に向けた準備の道筋を助言し、提案するものである。

資料は導入部および3つの部分からなり、それは「見つめる」「識別する」「行動する」という3段階のメソッドと呼応する。資料の末尾には質問表があり、地方教会や関係組織はこれに回答することになる。

第1部は、アマゾン地域のアイデンティティーを「見つめ」、耳を傾けることを目標に、社会=文化の多様性、先住民の教会の歴史、人民の正義と権利、アマゾンの人々の霊性と叡智などに触れている。

第2部の目的は、教会の教えと伝統に照らしたイエス・キリストにおける信仰から出発し、その新しい歩みを「識別」することにある。ここでは特にアマゾンにおける福音宣教を、聖書・神学・社会・環境・秘跡・教会・宣教の観点から捉える。

第3部では、統合的なエコロジーを背景に、アマゾンにおける教会の新しい司牧の歩みを模索し、より適した「行動」を探る。

バルディッセーリ枢機卿は、アマゾンの伝統文化における新しい福音宣教の課題は、貧しい人に関心を寄せることにあると述べ、アマゾンの人たちの声と叡智に注意深く耳を傾けることで、同地域での教会の新しい歩みの方向性と優先事項を知ることができるだろうと話した。

08/06/2018 16:07