ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教会 \ カトリック教会のニュース

教皇、世界カトリック医師会の代表らと

教皇フランシスコ、世界カトリック医師会の代表らと

28/05/2018 16:23

教皇フランシスコは、世界カトリック医師会の代表らとお会いになった。

5月28日、教皇は世界カトリック医師会の使節をバチカンに迎えられた。各国のカトリック医師会の国際連合である同組織は、5月30日から6月2日まで、クロアチアの首都ザグレブで、第25回会議を開催する。

教皇は関係者への挨拶で、医師と患者の関係から、世界における宣教的活動に至るまで、医療現場における福音に基づいた原則の実践を目的に、霊的・倫理的・生命倫理的な生涯養成に取り組む、カトリック医師らを励まされた。

教会は命のためにあり、いかなる命も脅かされることがないよう心を配っていると述べた教皇は、カトリックの医師であるとは、信仰と、教会との交わりによってキリスト者として成長し、医療従事者としての自覚を高め、自らの仕事に励み、命によりよく奉仕するために自然のおきてを深く知ることにあると話された。

カトリック医師たちは、人間としての患者と、譲ることのできないその尊厳と権利、特に命の権利の中心性を確認するよう招かれていると教皇は強調。

倫理的原則を尊重せず、病者を修理すべき機械のように軽んじ、効率と利益の概念に適応しない弱者を切り捨てる傾向に、対抗しなければならないと話された。

教皇は、医師たちの役割が、単に患者の意志、あるいは自分が働いている医療システムの要求を遂行するだけのものであってはならないと述べ、良心の自由をすべての医療従事者らに呼び掛ける必要を説かれた。

命に対する愛を分かち合うすべての人・機関と協力のもと、喜びと寛大をもって前進し、命の尊厳と神聖さに奉仕して欲しいと、教皇は関係者らに願われた。

 

28/05/2018 16:23