ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ イベント・ニュース

教皇、英国の難病の幼児のために祈り「可能なすべてが尽くされるように」

教皇、英国の難病の幼児のために祈り「可能なすべてが尽くされるように」 - AFP

05/04/2018 13:30

教皇フランシスコは、英国の難病の幼児のために祈られた。

4月4日夜、教皇はツィッターを通して、リバプールの病院に入院中のまもなく23ヶ月になる男児、アルフィー・エバンズちゃんと、両親のために、次のようにメッセージをおくられた。

「小さなアルフィー・エバンズちゃんに、憐れみをもって寄り添い続けることができるように、可能なすべてが尽くされることを、そして彼のご両親の深い苦しみに耳が傾けられることを、わたしは切に希望します。アルフィーちゃんと、そのご家族、すべての関係者のために祈ります。」

アルフィーちゃんは、まだ診断名のつかない稀な疾患により昏睡状態にある。検査では脳に病変が認められるが、いくつかの刺激には反応し、心臓の機能も安定しているという。

病院の医師団は、アルフィーちゃんの回復は不可能とし、生命維持装置を外すことを勧告。アルフィーちゃんの両親、トム・エバンズさんとケイト・ジェームズさんは承諾せず、その是非は司法の場に持ち込まれた。ロンドンの英高等法院は、この延命処置を「過酷、不当、非人道的」であるとし、医師らに治療の中止を許可した。

両親は、欧州人権裁判所(仏ストラスブール)に提訴したが、同裁判所はその訴えを受理できないとした。

そこで、両親は国外をも含む、別の医療施設へのアルフィーちゃんの移送を望んだが、入院中の病院の医師団はそれを許可しなかった。

英国では、最近、チャーリー・ガードちゃん(2017年7月死亡)、イザヤ・ハーストルプちゃん(2018年3月死亡)が、アルフィーちゃんと同様のケースにおいて、両親の希望と医師団の勧告が対立する中、司法の判断を受け、生命維持装置の作動中止により、幼い生涯を閉じている。

チャーリー・ガードちゃんの件においても、教皇は治療継続を望む両親の思いを尊重し、バチカン運営の小児科病院への受け入れを申し出、幼児と両親のために祈っておられた。

 

05/04/2018 13:30