ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 宗教行事

復活祭2018:「ウルビ・エト・オルビ」教皇のメッセージと祝福

バチカンの聖ペトロ大聖堂のバルコニーから、復活祭の祝福をおくる教皇フランシスコ - AP

01/04/2018 14:00

カトリック教会の典礼暦は、4月1日、2018年度の復活祭を祝った。

前日3月31日の夜、バチカンの聖ペトロ大聖堂で「復活の聖なる徹夜祭」を司式した教皇フランシスコは、この朝、「復活の主日」のミサを聖ペトロ広場で捧げられた。

聖土曜日は、時おり激しい雨を伴う不安定な空模様となったが、主の復活の日曜日を迎えたローマは、一転して美しい青空に恵まれた。

バチカンの大聖堂前には、毎年のようにオランダから寄贈された花や木々で人工庭園が設けられ、広場にひときわ明るい色彩をもたらしている。

教皇は朝のミサの後、正午に「ウルビ・エト・オルビ(ローマと世界に向けた教皇の祝福とメッセージ)」を聖ペトロ大聖堂の中央バルコニーからおくられた。

教皇フランシスコの2018年度の復活祭メッセージは次のとおり。

********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、復活祭おめでとうございます。

イエスは死者の中から復活されました。
世界中の教会において、この知らせがアレルヤの歌と共に響きます。主なるイエスを、御父は復活させ 、イエスは永遠にわたしたちの間に生きておられます。イエスはご自身の死と復活を「一粒の麦」のイメージを通し、前もって告げられました。

「一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ」(ヨハネ 12,24)。

起きたのはまさにこのことでした。神によって地の畝(うね)に蒔かれた麦の粒、イエスは、世の罪のために殺されて死に、二日間、墓の中に留まりました。しかし、その死は、神の愛の力のすべてを中に秘めていました。そして、その力は三日目に解き放たれ、示されることになりました。それが今日わたしたちが記念する、イエス・キリストの復活なのです。

わたしたちキリスト者は、キリストの復活が世の真の希望、決して失望させることのない希望であると信じています。それは一粒の麦の力、へりくだり、完全に、あますところなく自らを捧げ、本当に世界を刷新する愛の力です。

この力は、今日も、多くの不正義と暴力に見舞われたわたしたちの歴史の畝に、実を結ぶのです。貧しさと疎外のあるところ、飢餓や失業のある場所、切捨ての文化によって拒否されがちな難民や移民たちの間に、麻薬売買や人身取引、現代の奴隷制の犠牲者の間に、希望と尊厳の実をもたらします。

今日、わたしたちは全世界のために、平和の実を求めたいと思います。

愛するシリア、苦しみに引き裂かれたこの国で、人々は終わりの見えない戦争に疲弊 しきっています。この復活祭に、復活のキリストの光がすべての政治的・軍事的責任者の良心を照らし、現在進行中の虐殺を直ちに止め、人権の尊重のもと、わたしたちの兄弟姉妹たちが緊急に必要とする人道支援へのアクセスを可能とすると同時に、避難民の帰還にふさわしい条件を保証することができますように。

聖地のために、和解の実を祈り求めましょう。聖地において、開いたままの紛争の傷は、犠牲者を出し続けています。イエメンとすべての中東地域において、分裂と暴力に対し、対話と相互の尊重が勝りますように。しばしば非道と迫害にあっているキリスト教徒たちが、復活の主と、悪に対する善の勝利の、輝ける証人となることができますように。

この日、より尊厳ある生活を切望する人々、特にアフリカ大陸の、飢餓と、紛争、風土病、テロリズムに苦しむ人々に、希望の実を願いましょう。復活の主の平和が、南スーダンの傷を癒し、彼らの心を対話と相互理解に開きますように。子どもたちをはじめ、紛争の犠牲者たちを忘れないようにしましょう。住み慣れた土地を離れざるを得ず、生きるための最低限のものも持たない多くの人々に、連帯が欠けることがありませんように。

朝鮮半島に、対話の実を祈りましょう。進行中の対話が、地域の調和と平和を促進しますように。朝鮮半島の人々に善をもたらし、国際共同体のもとに信頼関係を築くために、直接の責任を負う人々が、賢明さと識別をもって行動することができますように。

ウクライナのために、平和の実を求めましょう。和平に向けての前進に努力し、人々に必要な人道的支援を容易にすることができますように。

ベネズエラの国民に、慰めの実を祈りましょう。そこでは司教団が記すように、国民たちは自分の国の中で、いわば「よその国」にいるように感じて暮らしています。主イエスの復活の力によって、正しく、平和的、人間的な道を見出し、国をさいなむ政治的、人道的危機を一刻も早く脱することができますように。そして、祖国を後にせざるを得なかった人々に、受け入れと支援が欠けませんように。

戦争や飢餓のために、希望もなく、教育も医療も受けられない子どもたち、そして、生産性がないと理由付けられ、利己主義的な文化によって切り捨てられた高齢者たちに、復活のキリストが新しい命の実をもたらしますように。

全世界の政治責任者たちのために、賢明の実を祈り求めましょう。彼らが常に人間の尊厳を尊重し、共通善への奉仕に熱心に取り組み、市民に発展と安全を保証することができますように。

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、「なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ」(ルカ24,5-6)という、イエスの墓に近づいた婦人たちに向けられた言葉は、わたしたちにも向けられています。最後にあるのは、もう死、孤独、恐怖ではありません。そこにはすべてを超える言葉、ただ神だけが告げることのできる言葉が待っています。それは復活の言葉です。

神の愛の力と共に、復活の知らせは、悪を打ち負かし、罪を洗い、罪びとに無垢を、苦しむ人に喜びを取り戻し、憎しみを追い払い、力ある者の冷酷さを折り曲げ、調和と平和をもたらします。

すべての皆さん、復活祭おめでとうございます。

 

 

01/04/2018 14:00