ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 司牧訪問

教皇、ローマの聖ジェラシオ1世教会を司牧訪問

ローマの小教区を訪問した教皇フランシスコ

25/02/2018 18:00

教皇フランシスコは、ローマの聖ジェラシオ1世教会を司牧訪問された。

復活祭に向けた準備の時、「四旬節」にあたり、2月25日(日)、教皇はローマの小教区訪問を行い、信者らを励まされた。

教皇が訪れた聖ジェラシオ1世教会は、ローマ市郊外北東のポンテ・マンモロ地区にある。

同教会が保護者とし、その名をいだく聖ジェラシオ1世(聖ゲラシウス1世)は、カビリア(アルジェリア)の出身の、5世紀末の教皇。

この小教区は、1950年代から70年代の間に発達した住宅街の中に1972年に創設され、そのシンボルである教会は、1992年に献堂された。

同教会を訪問された教皇は、教会付属の運動場で初聖体準備中の子どもたちや、オラトリオで活動する若者たちと交流された。

この日はあいにくの雨となったが、教皇は子どもたちに、天気には雨や曇りや晴れの日があるように、人生にも雨の時も晴れの時もあると話し、重要なのは人生のどのような空模様の時でも、イエスと常に一緒に前進することと語られた。

続いて、教皇は教会付属の集会室で病者やお年寄りとお会いになった。

教皇はこの席で、これらの人々の教会への貢献に感謝された。人々への愛情や、祈りをもって、熾火(おきび)のように信仰の火を保ち、証し続ける人々を世界は必要としていると教皇は説き、病者やお年寄りたちを励まされた。

また、教皇はこの教会で支援を受けている2人のガンビア出身の青年や、イタリア中部地震の被災者家族とも言葉を交わされた。

教皇は数人の信者たちの告解を聴かれた後、ミサを捧げられた。

ミサの説教で教皇は、この日の福音朗読箇所、マルコ福音書の「イエスの変容」(9,2-10)を観想し、そのメッセージとは何かを考えられた。

イエスは変容のエピソードで、弟子たちに、天における、栄光に輝くご自身の姿を前もって現されたが、それはメシアの受難と十字架上での死というつまずきに弟子たちが耐えるようにとの準備であったと教皇は話された。

弟子たちはイエスに勝利に満ちた解放者であることを期待していたが、イエスは十字架という辱めを通して勝利されることになっていた。

これは弟子たちには耐えられないことであり、そのためイエスは十字架の後に来る栄光を先立って弟子たちにお見せになった。

このように話しつつ、教皇はここに2つのメッセージを示された。

ひとつは、イエスはわたしたちが試練に耐えられるように常に準備してくださるということ、そして、苦しみや困難の時にも前に進む力を与えてくださり、わたしたちを決して見放さないこと、と強調された。

もうひとつのメッセージとして、教皇はイエスの変容の際に弟子たちが聞いた「これはわたしの愛する子。これに聞け」(マルコ9,7)という神の言葉を指摘。

喜びの時も、苦しみの時も、人生のあらゆる時に立ち止まり、イエスに耳を傾けるならば、イエスは常にわたしたちがすべきことを教えてくださるだろうと語られた。

試練の中にイエスの栄光を思い出すこと、人生の様々な時にわたしたちの心に語りかけるイエスに耳を傾けること、この二つを心に留めて四旬節を過ごすよう、教皇は信者らに勧められた。

 

25/02/2018 18:00