ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 宗教行事

日本・バチカン国交樹立75周年記念ミサ、聖ペトロ大聖堂で

日本・バチカン国交樹立75周年記念ミサ、バチカン・聖ペトロ大聖堂 - RV

23/11/2017 12:11

日本とバチカンの国交樹立75周年を記念するミサが、11月22日、バチカンの聖ペトロ大聖堂でとり行われた。

1942年、日本とバチカンの間に完全な外交関係が結ばれてから、75周年を迎えた今年、茶道や、能、オペラ、シンポジウム、コンサートなど、一年を通して、ローマで様々な記念行事が行われた。

22日、バチカンでのミサは、大聖堂の「司教座の祭壇」において、聖ペトロ大聖堂主席司祭、バチカン市国における教皇代理、アンジェロ・コマストリ枢機卿によって捧げられ、ローマ在住の日本人司祭らがこれを共同司式した。

ミサには、中村芳夫在バチカン日本国特命全権大使をはじめ、ローマのカトリック日本人共同体、日本や世界各地からの巡礼者らが参列。

日本から参加した六本木男声合唱団のコーラスが、儀式をいっそう荘重なものとした。

コマストリ枢機卿は、ミサ中の説教で、医学者アルベルト・シヴァイツアーや、マザー・テレサの、深い信仰に培われた、労苦を厭わない愛徳の実践を思い起こしながら、すべてのキリスト者は愛の奉仕に招かれていると話した。

そして、コマストリ枢機卿はミサの中で、日本と日本国民の発展と貢献を参列者らと共に祈った。

ミサの前日、11月21日夜には、ローマ市内の聖イグナチオ・デ・ロヨラ教会で、日本・バチカン国交樹立75周年記念コンサートが開かれた。

コンサートでは、 三枝成彰氏の作曲「最後の手紙」が、六本木男声合唱団とオーケストラ・ディ・ローマによって演じられた。

23/11/2017 12:11