ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 宗教行事

教皇、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和のために祈る

教皇フランシスコ、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和のための祈り - AFP

23/11/2017 18:30

教皇フランシスコは、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和を祈願された。

11月23日午後、教皇はバチカンの聖ペトロ大聖堂の司教座の祭壇で、南スーダンとコンゴ民主共和国の平和のための祈りをとり行われた。

スワヒリ語や英語の聖歌と、聖書朗読を交えながら行われたこの集いで、参加者らは、無関心と分裂を乗り越え、希望のために働く人、平和の真の証し人となれるよう、回心を祈り求めた。

そして、戦争の犠牲者である女性たち、暴力の無実の犠牲者たちのために祈りを捧げ、同時に、紛争の当事者、地域と国際社会の責任者、両国の平和構築に取り組む人たち、故郷を追われた避難民たちのためにも祈った。

参加者らは、南スーダンとコンゴ民主共和国の人々をキリストの傷ついた体として見つめながら、信仰のもとに希望と愛と平和が可能となり、神の似姿である人間の命が常に尊重、保護されることを願った。

集いの説教で、教皇は、南スーダンとコンゴ民主共和国、そして争いに傷ついたすべての地に、祈りを通して平和の種を蒔きたいと話された。

教皇は、南スーダンへの訪問を望んだが実現できなかったことを語りつつ、「祈りは神の力と共に働くもの、神にとって不可能はない」、「復活されたキリストゆえに、わたしたちは平和は可能であると信じている」と説かれた。

「イエス・キリストはわたしたちの平和」と述べた教皇は、「復活の主が兄弟たちを隔てる敵意の壁を壊してくださるように」、「主がわたしたち皆を、それぞれの置かれた場所において、平和を作り出す人としてくださるように」と祈った。

教皇は最後に、聖母像2体を祝別された。神の母マリアの助けのもと、兄弟愛と平和への相互努力が育まれることを願って、これらの聖母像は南スーダンとコンゴ民主共和国にもたらされる。

 

23/11/2017 18:30