ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ イベント・ニュース

温暖化対策のための会議COP23に教皇メッセージ

ドイツのボンで開かれた第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)で - AFP

16/11/2017 11:56

地球温暖化対策を国際レベルで話し合う、第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP23)が、11月6日から17日まで、ドイツのボンで開かれている。

教皇フランシスコは、同会議の開催にあたり、議長国フィジーのフランク・バイニマラマ首相に宛てメッセージをおくられた。

この中で教皇は、2年前の第21回国連気候変動枠組条約締約国会議での「パリ協定」の採択を歴史的な出来事と位置づけ、これは今日の人類の最も大きな懸念の一つである、気候変動という問題に対する、共通の取り組みの必要への強い意志の表れであると述べられた。

「パリ協定」実施のための指針やルールを作るためにボンに集ったCOP23の参加者らに、教皇は地球の未来を構築するための対話を新たにすることを急務として提示。

わたしたちが体験している環境問題は、わたしたち全員に関わり、影響してくる問題であるゆえに、皆を一致させるための検討が必要と呼びかけられた。

残念ながら、環境危機の具体的な解決を求める多くの努力は、しばしば無関心や、諦め、技術への過度な信頼などによる問題の否定によって挫折させられていると教皇は指摘。

わたしたちの地球の未来をめぐる正直な研究、誠実で建設的な対話を妨げるこれらの態度に陥ることがないようにと願われた。

また、環境危機問題の解決は、単に経済や技術的側面に限定されず、倫理的・社会的な様相や影響の面からも考察しなければならないと述べられた。

教皇は、こうした意味で、統合的エコロジーに即した生活スタイル、地球と言う共通の家に対する責任ある良心を育てることの重要性を示された。

気候変動現象に対応し、貧困と闘い、人間の統合的な真の発展を推進するための決定への、受け入れの意志を明確にすることができるようにと、教皇はCOP23の参加者らを励まされた。

 

 

16/11/2017 11:56