ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

バチカン \ 教皇庁のニュース

教皇庁広報事務局とイエズス会間に協定の締結

教皇庁広報事務局とイエズス会間に協定の締結 - RV

21/09/2017 13:17

9月21日、教皇庁広報事務局とイエズス会の間に協定の署名が行われた。

この協定は、バチカンの広報におけるイエズス会の協力を新たにするもの。

教皇庁広報事務局事務局長ダリオ・エドアルド・ビガノ師は、この協定が、第2バチカン公会議時代にバチカン放送局の総局長を務めたアントニオ・ステファニッツィ神父(イエズス会士)の100歳の誕生日から数日後に締結されたことに言及。

公会議という教会にとって重要な行事を、ラテン語や神学になじみのない人々に伝えなければならないという使命において、ステファニッツィ神父が当時からすでに放送のリスナーを、すなわち情報を受け取る側の立場を第一に留意したコミュニケーションのモデルを目指していたことを回顧した。

ビガノ師は、こうした広報のあり方の追求は、教皇フランシスコが望まれるバチカンの広報組織改革の中心をなすものと指摘。

公会議の内側と外側で二重の解釈が行われることなく、人々が公会議の議場で行われたことの正しい情報を知る必要に応えたステファニッツィ神父の業績に触れつつ、このような正確な情報伝達の必要性は前教皇ベネディクト16世と教皇フランシスコもたびたび指摘してきたことであると話した。

教皇庁広報事務局を代表し、師はイエズス会に対し感謝を表明。イエズス会が、バチカン放送局に留まらず、より大きな広報の現実を見つめ、その中における同会の存在について1年半にわたり熟考してきたことを振り返った。

この協定により、イエズス会は、広報の世界における使徒的ミッションとして、バチカンの広報への奉仕に応えることになったとビガノ事務局長は述べ、バチカンのメディア改革におけるこの新しい形の協力に、教皇フランシスコが感謝と満足を表されている旨を伝えた。

教皇の示される考えに沿って、この協定が結ばれたことをビガノ事務局長は喜びつつ、新しい協力関係が大きな実りをもたらすことに期待を表明した。

イエズス会側の代表として署名に望んだホアン・アントニオ・ゲレーロ・アルヴェス神父も、「時代は移り変わる。教会の要請に応える形で、教会に奉仕することは、イエズス会の召命の一部をなしている。教皇の望む改革に寄与できることで、広報分野におけるこの協力をわたしたちは嬉しく思う」と話した。

21/09/2017 13:17