ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 司牧訪問

コロンビア訪問:ビリャヴィセンシオで、和解のための祈りの集い

教皇フランシスコ、コロンビア・ビリャビセンシオで行われた、和解のための祈りの集いで - AFP

09/09/2017 15:45

コロンビア滞在中の教皇フランシスコは、ビリャビセンシオで、同国の国内和解のための祈りの集いをとり行われた。

ビリャビセンシオ郊外の公園施設で行われたこの集いには、長い内戦の暴力の犠牲者たち、兵士や警官、そして元ゲリラ兵たちが参加した。

会場の舞台には、内戦の悲劇と苦しみを象徴する「ボハヤの十字架」が掲げられた。この十字架は、「ボハヤの虐殺」が起きた教会にあったもので、爆発によりキリスト像は大きく傷ついている。

2002年5月、コロンビア・チョコ県ボハヤの教会に反政府武装組織、コロンビア革命軍によって爆発物が投げ込まれ、武力衝突から逃れるために教会内に避難していた市民100人以上が犠牲となった。

この傷ついたキリスト像の下で、参加者らは様々な立場を代表する人々の言葉に耳を傾け、教皇と共に和解の恵みを祈った。

教皇は説教で、癒えない傷を抱えたすべての人に寄り添いながら、「愛は、死と暴力よりも強いものです」と述べ、ボハヤの十字架像のように、傷つけられても、わたしたちを見つめ、愛してくださるキリストに、希望と信頼を寄せるようにと招かれた。

暴力は暴力を呼ぶのみであり、赦しこそが憎しみの連鎖を断ち切ることができると、教皇は、皆に和解への一歩を呼びかけられた。

09/09/2017 15:45