ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 一般謁見・アンジェラス

教皇、エルサレムの緊張を憂慮、「抑制と対話を」

7月23日、バチカンで行われた日曜正午の祈りの集い - AFP

24/07/2017 11:29

教皇フランシスコは、バチカンで7月23日、日曜正午の祈りを巡礼者らと共に唱えられた。

集いの中で教皇は、エルサレムでここ数日急速に高まっている緊張と暴力に憂慮を示された。

教皇は事態の抑制と対話を訴えると共に、神がすべての人に和解と平和への関心を喚起するよう、皆に一致した祈りを呼びかけられた。

エルサレムの旧市街では、今月14日、アラブ系イスラエル人3人が、イスラエル人警官2人を射殺する事件が起きた。

事件が起きたのは、イスラム教の聖地「ハラム・アッシャリフ」周辺で、ここはユダヤ教にとっても「神殿の丘」と呼ばれる聖地である。

同地には、岩のドームとアルアクサ・モスクがある一方、エルサレム神殿の遺構として、嘆きの壁があり、双方の宗教の聖地となっている。同地の管理はイスラム教側によって行なわれている。

事件後、イスラエル当局は治安のためとして、聖地に入る手前に金属探知機による検問所を設置。これに対して、パレスチナ人をはじめイスラム教徒が反発。イスラエル・パレスチナ間の緊張が再び高まった。

24/07/2017 11:29