ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

バチカン \ 教皇庁のニュース

教皇、ローマ郊外でバチカン関係者らと黙想会

ローマ郊外アリッチャの黙想の家に到着された教皇フランシスコ - REUTERS

06/03/2017 17:37

教皇フランシスコは、3月5日午後より、ローマ郊外アリッチャで、バチカン関係者らと共に6日間の黙想に入られた。

毎年、復活祭を前にした四旬節に、教皇とバチカン各組織の高位聖職者らによる黙想会が行なわれる。

教皇フランシスコは、今年もローマ南東、カステリロマーニ地方の町、アリッチャにある黙想の家「カーサ・デル・ディヴィン・マエストロ」で四旬節の黙想会を主宰された。

5日、バチカンで正午の祈りの集いを行われた教皇は、夕方よりバチカンの協力者らを伴い、アリッチャに向かわれた。

今年の黙想会の指導に当たるのは、ミラノ出身のフランシスコ会士で、アッシジの神学院で教鞭を取る、ジュリオ・ミケリーニ神父。マタイ福音書を通して、イエスの受難・死・復活を見つめる、9つの黙想を行なう。

黙想期間中の生活は、朝のミサから始まり、午前と午後の2回の黙想に参加、夕べの祈りと聖体礼拝によって締めくくられる。

初日5日夕には、ミケリーニ神父によって黙想への導入となる講話が行われた。

翌6日午前、教皇はじめ関係者74人の出席のもと、「ペトロの信仰宣言と、イエスのエルサレムへの歩み」をテーマに、第1回目の黙想が行われた。

黙想会は、10日(金)午前まで続けられる。

06/03/2017 17:37