ソーシャル:

RSS:

App:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

バチカン \ 教皇庁のニュース

教皇、3月5日からアリッチャで四旬節黙想会

教皇フランシスコ、3月5日からアリッチャで四旬節黙想会 - REUTERS

14/02/2017 18:22

教皇フランシスコとバチカンの高位聖職者らは、3月5日から10日にかけて、ローマ郊外アリッチャで「四旬節」の黙想会を行なわれる。

カトリック教会の典礼暦は、3月1日の「灰の水曜日」と共に、復活祭前の祈りと償いの期間「四旬節」を迎える。

毎年、この時期には、教皇はバチカンの協力者らと、数日間にわたる黙想の集いを持たれる。

教皇フランシスコは、黙想会の会場として、今年もアリッチャの「カーサ・ディヴィン・マエストロ」を選ばれた。

2017年度の四旬節黙想会の指導を務めるのは、フランシスコ会士のジュリオ・ミケリーニ神父(54)。

マタイ福音書を基に、イエスの受難、死、復活をめぐる黙想を行なう。

この黙想期間中、教皇は、3月8日(水)の一般謁見などの公務は行なわない。

14/02/2017 18:22