ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 宗教行事

教皇、奉献生活者たちに励まし「『生き延びる』だけの態度に打ち勝とう」

奉献生活者のためにミサを捧げる教皇フランシスコ、2月2日、バチカン・聖ペトロ大聖堂

03/02/2017 18:03

カトリック教会の典礼暦で「主の奉献の祝日」を祝った2月2日、「奉献生活の日」が記念された。

教皇フランシスコは、同日夕、バチカンの聖ペトロ大聖堂で、ローマをはじめ世界各地から集った奉献生活者と共にミサを捧げられた。

ミサ中の説教で教皇は、「霊に導かれて」神殿にやってきたシメオン老人が、神殿に捧げられるために両親に連れてこられた幼子イエスを見て腕に抱き、「わたしはこの目であなたの救いを見た」と主を称えて言った言葉(参考:ルカ 2,30-32)を観想。

シメオンの賛歌は、神を信じ、今は人生の終末を迎えた人の、神における希望は決して失望させないとの確信の歌であり、そして、この希望はわたしたちの先人たちが連綿と受け継いできた思いでもあると話された。

先人たちのこの夢を自分たちのものとすることは、奉献生活を豊かにし、特に「ただ今を生き延びればよいとの誘惑」からわたしたちを守ってくれるだろうと教皇は助言。

「生き延びる」だけの態度は、少しずつ自分や共同体を蝕み、その奉献生活を合理的で、危険を避け、閉じたもの、後退するものにしてしまうと警告された。

教皇はこれに対し、それぞれの会の創立者の夢から生まれた創造力を活性化し、今日のわたしたちの世界の扉を叩く問題から逃げずに、それに立ち向かっていくよう励まされた。

マリアから御子を腕に受け取ったシメオン老人が、イエスを人々の間に置く喜びと共に、彼の夢を高らかに歌ったように、わたしたちもまた、イエスを生活の中に、大きく変容する世界に置き示すことが大切と教皇は指摘。

こうすることで、奉献生活は喜びと希望を取り戻し、「生き延びる」だけの態度に打ち勝っていくことができるだろうと話された。

03/02/2017 18:03