ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 一般謁見・アンジェラス

「迫害されるキリスト者たちに寄添う」教皇、殉教者聖ステファノの祝日に

12月26日、聖ステファノの祝日、バチカンで教皇フランシスコによる正午の祈り - ANSA

26/12/2016 14:40

12月26日、聖ステファノの祝日、教皇フランシスコは、バチカンで正午の祈りの集いを持たれた。

カトリック教会の典礼暦は、主の降誕を祝った翌日、教会の最初の殉教者、聖ステファノを記念する。

初代教会で助祭として奉仕した聖ステファノは、「恵みと力に満ち、すばらしい不思議な業としるしを民衆の間で行なっていた」(使徒言行録6,8)が、キリスト教に敵意を抱く人々に捕らえられ、石打ちにあって殉教した。

聖ステファノの祝日はイタリアでは国民祭日とあって、聖ペトロ広場はクリスマス休暇を過ごす多くの市民でにぎわった。

集いの説教で教皇は、聖ステファノが自らの犠牲をもって遺した信仰の証しを振り返ると共に、今日も世界の各地で存在するキリスト者への迫害と、信者たちの殉教を見つめられた。

「わたしの名のために、あなたがたはすべての人に憎まれる」(マタイ10,22)。イエスが、弟子たちがこの先出会うであろう拒否と迫害について予告した言葉を教皇は引用。

「世がキリスト者を憎むのは、人々がイエスを憎んだのと同じ理由です。なぜならイエスは神の光をもたらしましたが、世はその悪の業を隠すために闇を好んだからです。福音のメンタリティーと、世のメンタリティーとの間に対立があるのはそのためなのです。イエスに従うとは、世の闇を捨て、ベツレヘムの夜に灯った、イエスの光を追うことなのです」とこのように話された。

聖霊に満ちていた助祭ステファノが石打ちにあったのは、神の御子イエス・キリストにおける信仰を宣言したためだったと述べた教皇は、「主を愛した彼は、すべての人の光であり道であるキリストを選びました。真理を選ぶことで、同時に彼は世に存在する邪悪の神秘の犠牲となりました。しかし、キリストにおいて彼は勝利したのです」と説かれた。

教皇は、今日も様々な場所で、キリストの光と真理を証しするために激しい迫害に遭い、時には殉教の試練にまで至る多くの兄弟姉妹たちを思い起こされた。

現代の殉教者の数は、初期キリスト教時代よりも多いという現実に言及された教皇は、困難や危険にも関わらず、勇気のうちにキリストへの信仰を表し、差別なくすべての人に奉仕しながら「真理における愛」を証しするこれらの兄弟姉妹たちに、愛情と祈りと涙をもって寄り添うよう、すべての信者を招かれた。

            

26/12/2016 14:40