ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教皇フランシスコ \ 教皇の言葉

教皇、ベルリンでのテロ犠牲者のために祈る、恐ろしい暴力を厳しく非難

テロの犠牲者を悼む市民、12月20日、ドイツ・ベルリンで - REUTERS

20/12/2016 15:18

ドイツ・ベルリンのクリスマスマーケットで12月19日に起きたテロ事件は、12人の死者と48人の負傷者を出す悲劇となった。

教皇フランシスコはこの事件を受け、バチカン国務長官ピエトロ・パロリン枢機卿を通し、ベルリンのハイナー・コッホ大司教に弔電を送られた。

この中で教皇は、多くの死傷者を出したこの事件を、恐ろしい暴力行為として厳しく非難された。

教皇は遺族の悲しみに寄添いつつ、亡くなった人々を神の憐れみに託して祈ると共に、負傷者らの回復を願われた。

また、教皇は救助と治安の仕事にあたる人々に感謝を表された。

教皇は、テロリズムの狂気の殺人がこの世界から消えるよう、すべての善意の人々に一致した努力を呼びかけられた。

20/12/2016 15:18