ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教会 \ カトリック教会のニュース

教皇、M・スコセッシ監督とお会いに、日本の殉教者について語る

教皇フランシスコとマーティン・スコセッシ監督 - AFP

30/11/2016 15:01

教皇フランシスコは、11月30日、米国の映画監督、マーティン・スコセッシ氏とお会いになった。

スコセッシ監督と家族は、教皇庁広報事務局・事務局長のエドアルド・ヴィガノ師に伴われて、この朝バチカン宮殿を訪れた。

教皇と同監督はおよそ15分にわたり会談。この中で教皇はスコセッシ監督による映画「沈黙」の原作(遠藤周作氏の小説「沈黙」)を読んだことがあると話された。

そして、教皇は、イエズス会士らの日本における宣教活動と殉教、また長崎の「日本二十六聖人記念館」について語られたという。

スコセッシ監督は、日本の隠れキリシタンにちなむ物として、南蛮絵師によって日本の技法で製作されたとされる17世紀の聖母画「雪のサンタマリア」(日本二十六聖人記念館蔵)の写真などを教皇に贈った。

30/11/2016 15:01