ソーシャル:

RSS:

バチカン放送局

世界と対話する教皇と教会の声

言語:

教会 \ カトリック教会のニュース

教皇、アルバニア・ドゥラスのプレンヌシ大司教および同志37人らの列福に関する教令を承認

プレンヌシ大司教 - RV

14/07/2016 18:00

フランシスコ会士、アルバニア・ドゥラス教区のヴィンセンシオ・プレンヌシ大司教と同志37人は、来る11月5日、シュコドラの聖ステファノ司教座大聖堂広場で殉教者として列福される。

教皇フランシスコは、7月13日、列福承認の手紙をアルバニアの司教たちに送った。厳密な列福調査の結果、教皇はプレンヌシ大司教と37人の死を「信仰と祖国のための殉教の証」として承認し、アルバニア司教協議会会長マッサフラ大司教に正式に列福の許可を与えられた。

11月5日の列福式は、教皇庁列聖省長官アンジェロ・アマート枢機卿によって執り行われる。

マッサフラ大司教は、この知らせを受け、アルバニア出身のカルカッタのマザー・テレサの列聖式の2ヵ月後に同国の新たな殉教者らの列福式が自国で執り行われることに「教会とアルバニア国家にとって歴史的な出来事となるだろう」と喜びを語っている。

ヴィンセンシオ・プレンヌシ大司教と37人は、共産政権のキリストへの信仰に対する憎悪のもとに殉教した。共産政権はアルバニアのカトリック教会をバチカンとの関係から引き離し、共産政権下の国家勢力に組み込もうとした。

あくまで教皇庁との絆を守ろうとしたプレンヌシ大司教と、彼と思いを同じくした37人は、残虐な拷問はじめ他のあらゆる試練の末に殺害された。これらの殉教者たちの中には、もう一人の司教としてフラン・ジニ司教、そして宣教師、イエズス会士、フランシスコ会士、教区司祭、また2人のドイツ人、イタリア人宣教師、クロアチア人司祭なども含まれている。

これらの宣教師たちとアルバニアの教会は、カトリック教会に対する愛と忠誠をその殉教をもって証した。

 

 

14/07/2016 18:00